ヒロセ通商のレバレッジはどれくらい?

ヒロセ通商のレバレッジはどれくらい?

 

FX取引をする場合、多くの方がレバレッジを使っています。

 

レバレッジ取引をすれば、少ない資金でも多額の取引を行うことができ、大きな利益を上げることができます。

 

ただしその一方で気をつかないとレバレッジ倍率を高く設定しすぎてしまい、損失を出してロスカットラインを超えてしまうこともあります。

 

そうならないために自分の資金と取引量をよく考慮する必要があります。

 

ではヒロセ通商のレバレッジ倍率について考えてみましょう。

 

ヒロセ通商のレバレッジは自動計算

ヒロセ通商のレバレッジ倍率は自動計算されていきます。

 

ポジションを取るときに、最低限必要な証拠金をレバレッジ倍率を25倍に設定したとして計算していきます。

 

例えば1000米ドルを購入するとします。買いポジションを取るわけですが、1米ドルを120円でレバレッジ倍率を25倍とすれば1,000米ドルの25分の1が最低限必要な証拠金となります。

 

1,000米ドルは12万円になるので、4,800円が最低限必要な証拠金です。

 

もし投資する人が4,800円を証拠金として1,000米ドルを購入した場合にはレバレッジ倍率が25倍として計算されます。

 

もちろん証拠金が多くなればレバレッジ倍率が下がるということになります。

 

いつもリアルタイムでレバレッジ倍率は表示されているので、今の状態が高リスクなのかどうかを確かめることができるでしょう。

 

取引口座への入金金額、取引量などによってレバレッジ倍率は変わっていくので注意が必要です。

 

加えて日本国内のFX会社ではレバレッジ倍率が最大25倍に制限されています。

 

それ以上のレバレッジ倍率の取引はできません。

 

法人口座はより大きなレバレッジ倍率が可能

ただし最大25倍のレバレッジ倍率はあくまで個人の投資家に対する措置です。

 

法人になると、一気に最大300倍のレバレッジ倍率での取引が可能になります。

 

理論上は誰でも1円から会社を立ち上げることができるので、FXで大きな利益を上げたいと思う方は、法人化してレバレッジ倍率を上げるということも可能です。

 

法人としてFXの取引をすると、自分への給与や飲食代・住居費などの一部を経費として計上できるというメリットもあります。

 

ただし法人としてレバレッジ倍率を上げると、損失も莫大なものになりかねません。

 

個人取引でレバレッジ倍率が25倍に制限されていることには投資家を守るという側面もあります。

 

法人になったからといってすぐにレバレッジ倍率を上げるのではなく、資金に見合ったレバレッジ倍率を選ぶことが重要なのです。

 

ヒロセ通商の公式サイトはこちら
http://hirose-fx.jp/